日東社 100年に向かう物語

第3章 壬 ― 3代目 多角経営に踏み切った、時代を読む目を持つ男 ―

貞三の息子、大西壬(あきら)が
入社したのは1957年。23歳のころであった。

自社を知らずに経営ができるか、
とばかりに、まずは現場見習い。
製造技術を身につけたら営業畑へ。

自社の業務を全般的に習得しながら、
後継者として己を磨いていった。

父・貞三が倒れた当時は30歳。
専務を勤めていた。

以後、病床の父に代わり、
壬が経営の指揮をとるようになる。

壬の強みは、市場調査など素早い情報収集力。
そしてそれを読み解き、経営判断に活かす力であった。

主軸産業であるマッチだけでは、
この業界が下火になった時、生き抜くことができない

その危惧を、壬は常に抱えていた。

そこでまずは、オーダーマッチのさらなる進化、
そして印刷分野への進出を見据え、「日東紙工」という会社を設立。
紙器の生産力と技術力を高めた。

そして、1970年、日東社燐寸製造所という社名を、
現在の「日東社」に改めた。

多角経営への第一歩であった。

マッチ生産設備の充実や、
ワックスマッチ・
プラマッチといった
新しいマッチの開発を行う一方、
壬は腕利きの外部コンサルタントに
調査を依頼した。

日東社は、これから
どう業種を転換すべきか?

その報告書を参考に、
今の日東社の事業分野が
次々に芽生えることとなる。

その3年後、1970年。オイルショックがマッチ業界を直撃した。

電力不足や物価上昇などで、経済は不安定となった。

壬の危惧通り、「マッチだけでは立ち行かない時代」が近づいていた。

オイルショック後も不況が続く中、
1975年頃からは、
ライターが普及し始めていた。

使い捨てライターに、
マッチの需要は食われるようになった。

「ライターが何んだ!
火をつけるだけが
マッチではないのです」

これは、1976年の、
当社の広告のキャッチコピーである。

社内には、ライター事業への進出に
反対するものが多かった。

おれたちは高品質なマッチ作りに命をかけてきた!

ライターなんて敵だ! 負けてなるか!

マッチは日東社の芯に燃える灯り。
マッチへの熱い想いは、壬も同じだった。

だが、壬は冷静にライターの
将来性を見抜いていた。

「きっとライターは伸びる。
マッチで培った技術を生かして、
ライターの名入れをやろう」

そう社員を説得し、壬はライター事業進出に踏み切った。

そして、予想通り名入れライターは
大きな市場となり、現在も生産が続いている。

ライター、紙おしぼり、ティッシュペーパー・・・
日東社では、こうした新製品は当時、基本的に
社外から仕入れたものに
名入れ(店名や広告の刷り込み)を行って販売していた。

仕入れでの販売ノウハウを4年間学び、
壬は新たな一歩を踏み出した。

「これからは、自社での製造販売も行う。」

壬はポケットティッシュの
製造工場設備を導入し、
一貫生産体制を一気に確立した。

こうして、
「SP(セールスプロモーション)用品メーカー」
という、日東社の新しい顔が生まれた。

壬の事業拡大は、全く畑違いの分野にも及んだ。

自社工場の敷地には、商品の転換等で
使われなくなった場所が存在した。
これを活用するべく、
テニスクラブをオープンしたのである。

現在、この事業は「ノアインドアステージ」として、
全国に22のテニスクラブを運営するまでに成長している。

壬は語る。

「これだけなら損してもいい
それを考えておけば、未知の分野にも臆せずチャレンジできる。
だめなら退却すればいい」

あぶらとり紙、広告カイロ、医療用ウェットタオル・・・
日東社のチャレンジは続いている。

これからも、彼ら3人の意思を継ぎ、
日東社は未来へのチャレンジを続けていく。

これまでの100年を礎に、これからの100年へ。